2021年3月21日までの大阪市立美術館/コレクション展は…
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

2021年3月21日までの大阪市立美術館/コレクション展は…

大阪市立美術館

大阪市立美術館がお送りする2021年のコレクション展の第2弾(2/20~3/21)は、工芸品、陶器、石刻とハード系が揃いましたが、イメージとは裏腹にきらびやかなラインナップ(国宝多数!)となっております。春ですね。


トップ画像:
《青花 花唐草文鉢》 景徳鎮窯
明時代・15世紀 「大明宣徳年製」銘 大阪市立美術館蔵


宮人たちへの鎮魂歌 ― 隋の石刻

隋の石刻

隋朝はわずか37年という短命に終わりましたが、南北朝を統一し唐朝の礎を築きました。書においては楷書の発展史上とても重要な時代で、特筆すべきは墓誌の豊富さとその魅力です。本展では煬帝の宮廷に勤めた「宮人」と呼ばれる女性たちの墓誌を中心にご紹介します。

作品リスト(大阪市立美術館)




花咲くやきもの REVIVAL!

春咲くやきものR

唐三彩、マイセン、富本憲吉など、館蔵・寄託の中から、花をモチーフとした古今東西のやきものを展示いたします。ちょうど1年前、新型コロナウイルス感染症流行のために、わずか6日間で閉幕してしまった展示のリバイバル展です。今度こそ!春めく季節、やきものに咲いた花々をお楽しみください。

作品リスト(大阪市立美術館)





ニッポンのかがやき 本朝金属工芸史

ニッポンのかがやき

銅鐸、銅鏡、仏具、刀装具、そして茶釜。日本の金属工芸の歴史は実に様々なジャンルの作品に彩られます。ここでは館蔵・寄託から日本の金属工芸品をご紹介します。金・銀・銅・鉄といった素材、精緻な造形や繊細な文様、そしてそれらを可能にした技術など、その多彩な見どころにご注目ください。

作品リスト(大阪市立美術館)




まとめ

ということで、現在(2021.2.20~3.21)開催中の「コレクション展」のご紹介をさせていただきました。ハッシュタグ(#大阪市立美術館)をつけてコレクション展のレポートをアップいただければ、マガジン「大阪市立美術館コレクション展」みなさんのレビューにリンクさせていただきます。みなさまのレビュー、心よりお待ちしております!



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Twitterでは、展覧会などの情報をほぼ毎日発信しています。この機会にフォローしてみませんか?

オンラインショップで図録もぜひ!
大阪市立美術館
★試験運用中★1936年完成の大阪市立美術館公式アカウント(予定)。残念ながら天王寺美術館は正式名称ではありませんがこだわりません。ちなみに建物は国の登録有形文化財です。 #大阪市立美術館