クラシック音楽の祭典(の一部)が、大阪市立美術館で開催されました!【期間限定/動画あり】
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

クラシック音楽の祭典(の一部)が、大阪市立美術館で開催されました!【期間限定/動画あり】

大阪市立美術館

どうも。大阪市立美術館です。大阪市立美術館をひとりでも多くの方に知っていただきたいと考え、noteをスタートさせました。どんなスタンスで、どんな情報を発信させていくかについてはこちらにまとめていますので、ご興味あればどうぞ。

さて、今回ご紹介するのは美術館での美術ネタではなく、美術館での音楽ネタ。先日、大阪市立美術館で行われたクラシックのイベント「OSAKA CLASSIC 2020」をご紹介します。美術館を舞台に開催された音楽イベント、なのですがコロナ禍のさなかの開催のため、残念ながらオンラインでのイベント展開となりました。

大阪クラシックとは…
2006年から毎年開催されている初秋の大阪を彩るクラシック音楽の祭典。大阪フィルハーモニー交響楽団桂冠指揮者・大植英次のプロデュースにより、大阪のメインストリートである御堂筋と、水の都大阪を象徴する中之島エリアを中心に、オフィスビルのロビーやカフェ、ホテルなどを主な会場として1週間にわたり開催しています。


大阪市立美術館で演奏されたのはこちらの楽団の皆様。


そして、以下の3つの演奏を大阪市立美術館1Fの中央ホールで収録されました。


【配信No.3】大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪市立美術館


演奏プログラム
https://osaka-classic.jp/wp-content/uploads/2020/09/no03.pdf



【配信No.6】関西フィルハーモニー管弦楽団 大阪市立美術館

演奏プログラム
https://osaka-classic.jp/wp-content/uploads/2020/09/no06.pdf


【配信No.7】大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪市立美術館

演奏プログラム
https://osaka-classic.jp/wp-content/uploads/2020/09/no07.pdf



今回の試み、実は意外な発見がありました。

それは、美術館エントランスの中央ホールがかなりいい音響条件らしいということ。展覧会のスケジュールのとの兼ね合いもあって、ここ数年はあまり開催できていなかったのですが、タイミングがあえばまた開催したいと思います。というよりnote担当者としてはその場に居合わせたかったです…。
(収録日は別件の打ち合わせが続き残念ながら体感できていません)



なお、無料動画配信は10月18日(日)まで。
普段とは違う大阪市立美術館の様子をお楽しみください。
皆様どうぞお見逃しなく!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Twitterでは、展覧会などの情報をほぼ毎日発信しています。この機会にフォローしてみませんか?

うれしいです!
大阪市立美術館
★試験運用中★1936年完成の大阪市立美術館公式アカウント(予定)。残念ながら天王寺美術館は正式名称ではありませんがこだわりません。ちなみに建物は国の登録有形文化財です。 #大阪市立美術館