マロニヱ社さんのはなし
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

マロニヱ社さんのはなし

大阪市立美術館

大阪市立美術館の地下展覧会室で長年(70年!)営業されていた画材店「マロニヱ社」さん。天王寺の美術館の中にある画材店というか、画材店が入っている美術館というのか、とにかくそれくらいキャラの濃い荒木敬さんのお店をご利用された方も多いのではないでしょうか。

画像1

荒木さんで3代目になるマロニヱ社さんが、この3月末で閉店されることになりました。もともと美術館の大規模改修が予定されていることもあり、2022年3月末までは営業を続けられる予定だったのですが、新型コロナウイルス感染症の影響が収まらないこともあり、予定よりも1年前倒しでの閉店を決められました。


マロニヱ社さんといえば、以前発行された「OSAKA MUSEUMS vol.11」で桂南光師匠が寄稿された大阪市立美術館に関するエッセイでも紹介されるなど、天王寺の美術館とは斬っても切り離せない存在。ネットで物が買える時代になったとはいえ、荒木さんの人柄に魅了された多くの方々が「マロニヱさんで買う」「荒木さんから買う」と決めて、お店(登りづらい階段!)まで来て購入されたり、会話を楽しんだり(こちらの方が多かったかもしれません)される光景を数多く目にしてきました。



新型コロナウイルス感染症の影響で一年早まったとはいえ、大阪市立美術館の大規模改修がなかったら、とか、荒木さんがもう少し若ければ、とかタラレバをいえばキリがないのですが、3月31日まで残り数日。閉店セールもされているとのことですので、画材を買うついでに荒木さんとの会話を楽しまれてはいかがでしょうか。




最近、事業承継のことをアトツギという言葉で言い換えるようですが、大阪市立美術館で3代70年続いたマロニヱ社はこの3月末でいったんピリオドを打つカタチになります。ただ、荒木さんの場合は、そもそも荒木さんご自身がまだまだ絵画の世界で活動されるとのこと(堺市で額縁のレンタル業務を続けられるようです)。大阪市立美術館の中の画材店「マロニヱ社」は惜しまれつつ姿を消しますが、有限会社マロニヱ社は事業中止でも事業承継でもなく、事業継続。新たな門出を祝福したいと思います。


画像2


まずは閉店セールへGO!
※本館での展覧会は開催していませんが地下展覧会室での展覧会は開催しております(月曜休館)

※2021.3.20付の読売新聞 大阪版でもご紹介されていました

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Twitterでは、展覧会などの情報をほぼ毎日発信しています。この機会にフォローしてみませんか?

ご来館、お待ちしております!
大阪市立美術館
★試験運用中★1936年完成の大阪市立美術館公式アカウント(予定)。残念ながら天王寺美術館は正式名称ではありませんがこだわりません。ちなみに建物は国の登録有形文化財です。 #大阪市立美術館