「2021年ヒット予測ランキング」などには掲載されていないようですが、間違いなく今年注目なのが
見出し画像

「2021年ヒット予測ランキング」などには掲載されていないようですが、間違いなく今年注目なのが

大阪市立美術館



聖徳太子(厩戸王)でしょう。


ある一定の年齢の方には「お札」の肖像画として。
あるいは「日出処の天子」(山岸涼子作)の主人公として。
おなじみの方も多いと思います。



令和3年(2021年)は、聖徳太子の没後1400年目を迎えます。ということもあって、奈良国立博物館さん&東京国立博物館さんで「特別展/聖徳太子と法隆寺」が、大阪市立美術館&サントリー美術館さんで「特別展/聖徳太子 日出づる処の天子」が開催されるというメモリアルな年となっています。



実は、聖徳太子が亡くなられて1300年を迎えた大正10年(1921年)には、あの渋沢栄一が中心となって「聖徳太子千三百年遠忌奉賛会」が開催されました。ちなみに渋沢栄一は500以上の企業・団体を設立した実業家としても知られていますが、旬なネタで行くと、2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」の主人公だったりもしています。


話が横道にそれましたが、上述のとおり、美術展業界的には2021年は聖徳太子が熱い、ということになりそうです。

画像1


観覧料など細かい部分は現在調整中となっておりまして、皆様にご案内できるまでには少し時間もかかりそうなのですが、決定次第あらためてご案内したいと思います。

画像2


ぜひ、奈良国立博物館さん&東京国立博物館さんの「特別展/聖徳太子と法隆寺」と、大阪市立美術館&サントリー美術館さんの「特別展/聖徳太子 日出づる処の天子」の両方をご覧いただければ幸いです。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Twitterでは、展覧会などの情報をほぼ毎日発信しています。この機会にフォローしてみませんか?

オンラインショップで図録もぜひ!
大阪市立美術館
★試験運用中★1936年完成の大阪市立美術館公式アカウント(予定)。残念ながら天王寺美術館は正式名称ではありませんがこだわりません。ちなみに建物は国の登録有形文化財です。 #大阪市立美術館